WiMAXニュース

総務省の違約金1000円要請のWiMAXへの影響は?対象を分析!

すでにご存知の人も多いかと思いますが、総務省は携帯電話会社に向けて違約金の上限を1,000円に設定する要請をしました。違約金の上限が1,000円になるのは2019年秋頃といわれていますが、WiMAXなどのポケットWi-Fiにも影響があるのかが気になるところです。

ポケットWi-Fiの違約金が1,000円になるかは不透明

ポケットWi-Fiの違約金まで1,000円になるかはなんともいえないのが正直なところです。違約金の上限1,000円の規制は現在の携帯会社大手3社に加えて参入が予定されている楽天、利用者が100万人を超える格安SIM事業者が対象だからです。

WiMAXはUQが運営するサービスではありますが、UQ mobileとは違い独自回線を用いているので、違約金の上限1,000円の対象になるとは考えにくいです。ワイモバイルのポケットWi-Fiは自社回線とソフトバンク回線をメインで利用するので、違約金の上限1,000円の対象に該当すると考えられます。

WiMAXの解約時に違約金をなくす方法

WiMAXが違約金1,000円の対象になるのかは不透明なので、念のために解約するときに費用を負担せずに済ませられる方法を知っておいたほうが無難です。

違約金なしでWiMAXを解約する方法は2つです。

  • 更新月に解約する
  • キャンペーン開催中の他社回線・プロバイダへ移行する

基本的な方法は更新月に解約することですが、2年ないし3年に1度なので現実味があるとはいえません。他の回線やプロバイダへ乗り換える人に限られはしますが、キャンペーン開催中の他社へ乗り換えるのが安全な方法です。

WiMAXの契約プロバイダを他社に乗り換える場合、GMOとくとくBBやBroadWiMAXのキャンペーンが魅力です。GMOとくとくBBなら30,000円以上のキャッシュバックがもらえますし、BroadWiMAXなら月額割引に加えて他社の違約金負担特典が受けられます。

光回線へ乗り換える場合もキャンペーン実施中の事業者が充実していますし、違約金の上限が1,000円にならなくても心配は無用といえるでしょう。