WiMAXキャンペーン

WiMAXのルーターWX05の性能|バッテリー持ちが優秀!

WiMAXを契約するときに購入機種を選ぶときは、WX05が有力候補に入ります。

引用元:UQ WiMAX

WX05は他の機種と比べて最大通信速度が劣りますが、バッテリーの持続時間が長い強みがあります。ここではWX05の性能に迫ります。

WX05とW06の違い

WX05を使うべきか悩む理由はW06の存在です。WX05とW06の主要スペックを比較してみました。

機種 WX05 W06
最大通信速度(下り) 440Mbps 867Mbps
バッテリーの持続時間 【ハイスピードモード】

  • おまかせ一括:約8.1時間
  • スタンダード:約11.5時間
  • バッテリ持ちを優先:約14時間
  • エコモード:約18時間

【ハイスピードプラスエリアモード】

  • おまかせ一括:約8時間
  • スタンダード:約10.5時間
  • バッテリ持ちを優先:約13.3時間
  • エコモード:約16.8時間

【連続待受】

  • 休止状態:約700時間
  • ウェイティング時:50時間
連続通信時間:約9時間

連続待受:約800時間

重さ 約128g 約125g
大きさ 約111(W)×62(H)×13.3(D)mm 約128×64×11.9mm

W06との主な違いは最大通信速度とバッテリーの持ち時間です。

WX05の最大通信速度は440Mbpsなのに対してW06は867Mbpsなので、速度重視ならW06のほうがオススメですが、バッテリーの持続時間を重視すると話は変わってきます。

利用する通信モードによりますが、WX05は10時間以上の連続通信が可能で、W06の連続通信時間は9時間となっています。外での利用がメインだとWX05が魅力的というわけです。

電波の受信感度はどちらの機種も高く、WX05はWiMAXハイパワー対応、W06は高性能ハイモードアンテナ搭載モデルとなっています。

WX05を0円購入できるプロバイダ

UQ WiMAXではWX05が3,800円で販売されていますが、他のプロバイダで契約すれば0円購入が可能です。WX05を無料で販売しているプロバイダは8社です。

  • GMOとくとくBB
  • DTI
  • So-net
  • AsahiNet
  • BIGLOBE
  • BroadWiMAX
  • JP WiMAX
  • カシモ

もっともオススメなプロバイダはGMOとくとくBBで、W05を無料で購入できるうえに30,000円以上のキャッシュバックがもらえます

GMOとくとくBBをチェック!!